ライセンスプレート周りを一変させる その2

これはステーもパイプもデザインからやり直しだ・・・

なんともかっこ悪いナンバーステーを作り、呆然とした話の続き

丸パイプに変更

長いのも変だったが、角という形状もなんだか居心地が悪かったので、丸パイプで作ることにした。やはり下面は開放する。ウィンカーの固定ナットを締めるのが普通の工具では難しいので、ソケットレンチを加工して専用工具を作った。ステーも短くして、コレ見て感を無くす。

ナンバーの高感は丸パイプからステーを下げることにする。ステーの長さを考察。

ナンバープレートの下げ具合を考察

当初、車体側のハーネスは丸パイプまで伸ばすつもりだったが、ここでつながる線が、テールランプ、ブレーキランプ、ウィンカー、アースの4本が左右で8本。ライセンスランプのプラマイ2本の計10本と、とても収まりそうもないので、ウィンカーとライセンスランプの線をシート下まで持っていった。シート下でギボシ端子での接続する。

フロントウィンカー

フロントは、リアのテールライト兼用に対して、ポジションランプとの兼用となる。これを機会に新しいステーにするかとも思ったが、フロントフォークを倒立に換えるつもりなので、ここでの無駄な出費は避けた。

位置ぐらいは変えてみるかと、トップブリッジ下につけてみたら、ハンドルきるとタンクにステーがガリった( ̄▽ ̄;) しかたなく元のステムの上へ取り付ける。

KOSOのポジションライト兼用のフロントウィンカー

フロントはリアとは違い、防水コネクターを用意。選んだのは025型RH防水。 左右変えようと思ったが、結局左右とも同じものにした。

このコネクターを配線に接続するのにとんでもない失敗をしてしまった。このコネクター、中子をはめることでピンを押さえる構造になっている。この白いのが中子。

中の白いのが中子

元々説明書などはないので、そんなことも知らないまま、届いたコネクターのオスとメスを嵌合をさせてしまったのだ。すると中子がはまってしまい、ピンがさせなくなってしまう。

コードの先端にコネクター用のピンを圧着

そのことに気付かず、このコネクターはピンが刺さらないと、えらい苦労したのだ。ちなみに中子は1度はめると元に戻せないらしい。ピンを入れて、中子をはめるとこうなる。

ピンを刺して、中子をはめるとコネクターの完成

ウインカーリレーの交換

ウインカーを普通の電球からLEDの電球に変えると点滅が速くなる。これは消費電力が小さくなり、リレーの点滅が速くなるから起こる。リレーをLED用に交換するのが定番だが、適当な抵抗を入れれば解決するんではないかと、ちょっと調べてみる。

あった。ただ、セメント抵抗らしく、熱くなるから周囲との距離が必要らしい。バイクには難しいか。ここは、素直にLED用のリレーに交換しよう。

ということで選んだのが、ウィンカーと同じメーカー、KOSOのスクエアLEDリレー。こいつは、2極、3極、電球、LED全てに対応可能な上に安い! ポン付けではないらしいが、元々ポン付けなんて望んでないので問題なし。実際に説明書を読んで無事装着完了。ウィンカーもしっかりシーケンシャル動作をした。(相当な後日談だが、ハンドルスイッチを交換してハザードも出せることを確認した)

LEDウィンカー用リレーに交換完了
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

KOSO コーソー スクエアLEDリレー
価格:1639円(税込、送料別) (2022/5/27時点)


完成したテールライト周り。フェンダー部分は2ミリ厚のアルミ板。パイプフレームのWの雰囲気を壊すことのない、ナンバーステーができたと思っている。

完成したナンバーステー

テールライト兼用リアウィンカー

KOSOのテールライト兼用リアウィンカー
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

KOSO コーソー SONIC LEDシーケンシャルウインカー&テール
価格:9900円(税込、送料別) (2022/5/27時点)


ポジションライト兼用フロントウィンカー

KOSOのポジションライト兼用フロントウィンカー
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

KOSO コーソー SONIC LEDシーケンシャルウインカー&ポジション
価格:9900円(税込、送料別) (2022/5/27時点)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。