ブレーキキャリパーのレストア

ブレーキキャリパー塗装完了

ZX-10のリアブレーキキャリパーのレストアをする。現状はこんな感じ。

はげはげキャリパー

元々の色が金色だったはず。その上に黒がペイントされているが、どっちにしろ、ところどころ剥げかかっていてこの有様。これを1度全て塗装を剥がし、もう一度ペイントする。

型押しキャリパー特有のスライド部分のゴムブーツは、ボヨンボヨンになっていて、既に本来の機能を果たせていないから交換しよう。ブリーダープラグのゴムキャップも同様だ。

大事なピストン部分を確認。ピストンシールはギリギリ大丈夫かな。ここはケチって交換せず。ピストンは? ありゃあ ちょっと腐食してるじゃん・・・ 軽くペーパーをかけて目をつぶっておく( ̄▽ ̄)

キャリパーボディーはルーターや耐水ペーパーで塗装を落とす。あまり深追いはしない。

古い塗装を剥ぎ終わったキャリパーボディー

旧塗装をはぎ終わったキャリパー

耐熱つや消しブラックで塗装

耐熱つや消しブラックを塗装

嫁が不在な時を見計らって、オーブンレンジで加熱。

レンジでチン♪(うそ)

完成 あのハゲハゲキャリパーから仰天チェンジ♪ 

ブレーキキャリパー塗装完了

きれいにできあがったところで、キャリパーサポートのアクスルシャフト上の軸方向の位置を考えることにした。

キャリパーサポートの位置を考察する

対向ピストンのブレーキキャリパーはリジットに固定されるので、キャリパーの溝の中心にブレーキディスクがくる位置にキャリパーサポートの位置を決めればいい。

ところがこれに対し片押しピストンのブレーキキャリパーはフローティング構造になっている。

キャリパーサポートにキャリパーベースが固定される。この固定はリジット。このキャリパーベースにロッドが2本立てられ、そのロッドにキャリパー本体は貫かれるように装着される。ブレーキパッドの摩耗に伴いキャリパー本体はこのロッド上を移動する。

中古パーツなので、ブレーキパッドは半分ぐらいの厚みになっている。この状態でキャリパー本体はキャリパーベースに対してどこにいればいいのだろう?

キャリパーサポートの位置を考察する

考える

キャリパーが移動できる範囲は20ミリぐらい。パッドの磨耗は半分ぐらいだから、移動範囲の中心でいいんじゃないか?

これが大きな間違いだとわかるのは、まだ先の話。

Fマスターシリンダーをブレンボに交換

BremboのマスターにRideaのブレーキレバー

650になったからにはそれなりのストッピングパワーを!

具体的にはフロントディスクの320Φにして、ブレーキキャリパーをブレンボにして、ブレーキマスターはラジアルポンプにする計画。

既にブレーキキャリパーはヤフオクで落札していたのだが、ブレンボのラジアルポンプがお安く出品されているのを発見。入札、そして無事落札したのである。

ブレーキマスターが到着して初めて気づいたのだが、これはセミラジアルだった。現行のモデルではない。調べてみると、どうやらドゥカティやカワサキのバイクの標準装着パーツとして使用されていたものらしい。

眺める

かっこいい

別体のリザーブタンクは長年の憧れだった

ただ、レバーが長くないか?

他にも問題が。ミラーを取り付けるネジ穴がない。

ミラー取り付け用の金具を別途取り付けるという方法もあるが、ハンドルにそんなスペースは存在しない。ブレーキマスターの取り付け金具にミラー取り付け用のネジ穴を備えたものを購入。ブレンボの他のモデル用だが、えぐいデザインが気に入った。

ブレンボのセミラジアルマスターシリンダー

リザーブタンクステーはブレーキマスターの取り付けボルトと共締めするものを選定。ところが長さを見誤って1度買い直した。

交換前の純正のブレーキマスター

純正マスターシリンダー

もっさりしている。交換してみた。

Bremboセミラジアルマスターシリンダー

一撃で、やりそうな見た目に変わった。しかし、やはりレバーが長い。完全にバーエンドから飛び出ている。これは、かっちょいいレバーに交換する必要があるな。

レバーが長い

いろいろ調べた結果、このブレーキマスターは、Ducatiのストリートファイターに使われているものと判明。その車種用のブレーキレバーをウェビックで検索して、選んだのがリデアという台湾のメーカーのもの。

Rideaのブレーキレバー

削り出し風でシャープな印象。アルマイト仕上げの色を選べ、レバーはガンメタ、アジャスターはブラックを選択。やばい、かなりかっこいい! いつか、クラッチレバーもこれに交換したい。

ブレーキマスターを交換して、本質的なところのタッチという点も合格。